2015年4月29日水曜日

祝日5/4〜6はお休みいたします

ゴールデンウィークもお店は通常通り金曜から日曜の営業とさせていただきます。
今日もご来店・お電話をいただきまして申し訳ございませんでした。
お休みの方はどうぞ楽しい休暇をお過ごしください。

いくつかお知らせなど。

先日の洋裁教室には小学2年生の女の子が参加。
授業や手芸クラブまで待てなくて見よう見真似で始めてしまったので教えてほしいと、お母様より。
かわいい手縫いのバッグが完成しました。
写真は並縫いの練習です。教室は大人の方もお子さんもどうぞ。

Atelier Mjuk(アトリエミュック)さんがOZONEクラフトマーケットに参加されますのでご紹介します。
会期は5月2日から10日、Atelier Mjukさんは9、10日の参加で羊のモビール作りのワークショップもされるそうです。新宿リビングセンターOZONEにて。

素敵な古い足踏みミシンをお譲りいただけることになり、早速お店にやってきました。
友人のご近所の方が長く大切にされていたもので、貴重な現役のミシンです。
50年代くらいに作られたものかなと思います。その奥様のお嫁入り道具だったのでしょうか。
カタカタと音を立ててきれいに縫えました。
大事に使っていきたいと思います。


2015年4月19日日曜日

新着作品のご紹介 4/19

7月に発売になる横浜・鎌倉の手芸の本にご掲載いただけることになりました。
ありがとうございます。
暖かな日差したっぷりの中での撮影が無事終わりました。

作品が届きましたので一部をご紹介します。

TABI
落ち着いたブルーのクロシェは「パンドラ」。災いが飛び出してきたパンドラの箱から最後に出てきたのは翼のある小さな女神。神話は来月の作品展のテーマです。
ポイントとなるクラウンの部分は生地を切り替えてある凝ったデザインです。

Nokka
春のシューズ型ポーチ。
長さ約15cm、微妙なサイズがいいです。

弘前のお母様が編んだマットも到着しました。リバーシブルになっています。

・そらまめ
様々な生地をコラージュしたトートバッグ。
綿、麻、ニットなど表情の違う素材を両面楽しめます。

ぬいぐるみをご覧になったお客様が、畦地梅太郎さんの絵のような雰囲気ですねとおっしゃっていました。
可愛らしい山男、でしょうか。これとか。

Masako Kasai
定番のがまぐちとカードケースは時々追加になっています。
春らしい優しい色合い。
これだけ長く作ってくださっていても全く同じものはないんですよ。

ゴールデンウィークも通常通り金曜から日曜の営業とさせていただきます。



2015年4月10日金曜日

新着作品のご紹介 & 次回ニットカフェ

冷たい雨で春までちょっと足踏みですね。
作品の一部をご紹介します。

・Fuku
ソーイングケースの大きなサイズのご注文で、糸入れなしのバージョンです。
ラベンダー・クリスマスローズ・ミヤコワスレ・すずらん・水仙。春の花がたくさん。


こちらのバッグインバッグも、馬がお好きな方のリクエストにお応えし作ってくださいました。

・TABI
春の作品展はTABI帽子展から。5月15日(金)スタートです。
今回はイギリスの生地を使ったブックカバーが届きました。

・gekko handwork
コットンリネンの手編みのストール。
モチーフを丁寧につないだ大判サイズ(約45×140cm)、さらりと涼しげな黒です。


gekko handworkさんによる次回ニットカフェのお知らせです。
・5月15日(金)11時から13時
・参加費 1000円(お茶付き)
・針と糸、編み図を各自ご用意願います。編みかけのものがある方はお持ちください。

お申し込み、お問い合わせは お電話(0467-38-5082)またはメール(info@emma-handcraftedworks.com)にてお願いいたします。

今日は2名で同じルームシューズを編み始めました。写真中央が先生のサンプルです。
私は何とか片方の底まで完成。遅い。
一人で本を見ながら編んでいては気が付かないのが、糸のかけ方や引き方のクセだったりします。基本を教えてもらうと編む作業がもっとラクになりますよ。